接客販売での目標の立て方~購入が落ちてしまいやすい目標とは~

今朝は早起きをして、
ファミレスで仕事をしているのですが、

そろそろ混んできそうなので
こちらを書いて、
撤収しようと思います。

 

さて。

 

接客販売をしていると、
何かしらの目標を立てて
取り組むことが多いと思うんです。

 

私は昔から
あまり目標を持たないタイプなのですが、

目標は、
頑張るパワーにもなるので
大事なことだと思います。

 

ですが、
目標の立て方によっては、
せっかくよりよくなるために
目標を立てたはずなのに、

いまいちな接客に
つながってしまうこともあります
(ショック)。

 

いまいち接客につながってしまう恐れのある
目標の一つが
『声かけ100%の徹底!』です。

 

続きを動画でご覧になる方は
下記から。


https://youtu.be/mLTOeLfiKW8

 

 

文字のほうが読みやすい方は、
このまま読み進めてください^^

 

『声かけ100%』を意識することで
逆にお客様を
帰らせてしまうケース

目にすることも多いです。

 

なぜでしょうか。

 

理由は、
客数を追うために
お客様が店内に足を踏み入れた途端
声をかけるようになるスタッフが
多くなるため
です。

 

でも、これは声かけ100%!を
第一に考えると
間違っている行動とは
いえないと思うんです。

 

ですが、お客様にとっては
不快な接客であり、
すぐにお店を
出たくなる
行動だったりすることもあります。

 

では、どうしたらよいのでしょうか?

 

簡単です^^

 

『声かけ100%』を掲げるのであれば、

合わせて、
『そのうち、半分のお客様と
 会話につなげられるようにする』

とか、

『1日●名のお客様とは
 会話につなげられるようにする』

と、加えるだけでOKです。

 

少し、想像してみてください^^

 

会話をするお客様の数を増やそう!

と、思ったら
どんな行動をしそうでしょうか?

 

きっと、お客様が入店された途端に
声をかけることよりも

・お客様を観察する

・声をかけるタイミングを見る

・お客様が考えていることを想像する

・声をかける内容を工夫する

などの部分に
意識が向くようになるはずです。

 

『とりあえず、声をかけよう!』から、

お客様の様子を見て、
 声をかけよう』

変わるはず。

 

これがとっても大事だと思っています。

 

なぜなら、接客は
お客様と一緒につくっていくものなので、

お客様の存在を忘れてしまっては
いい接客にはつながらないからです。

 

正しい目標は
正しい行動につながります。

 

今まで『声かけ100%』を
目標に立てることが多かった方やお店は、

『会話するお客様の数 ●名』を加えて
取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

そうすることで、
楽しみながら、
接客力を伸ばしていくことが
できるはずですし、

きっと、商品の紹介までできる
お客様の数も増えるはずです。

 

改めて、動画でも確認されたい方は
下記から。


https://youtu.be/mLTOeLfiKW8

 

 

 

鈴木比砂江

 

 

 

 

 

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら