ファーストアプローチの声かけ、このフレーズはよくない

 

今日は、パソコンで

カタカタお仕事dayです。

 

 

暖房をガシガシつけると

頭がぼーっとしてくるので、

薄い長そでの上に

あったかベストを着ています。

 

 

いや、嘘をつきました。

 

 

ベスト、というと

おしゃれな響きに聞こえますが、

おばあちゃんのお家にありそうな

チョッキみたいな感じです^^;

 

 

おしゃれさは皆無ですが、

あたたかくて、

ポケットもあって、

機能性は300点くらいです。

 

 

さて。

 

 

今日は、

お店の方がよく使っているけれど、

お客様の気持ちが離れてしまいやすい

声かけについて

ご紹介します。

 

 

それは、

「何かいいもの、ありましたか?」

という声かけ。

 

 

もしかして、

あなたもよく使われているかもしれません^^

 

 

使っている方は、

そのまま接客につながりやすい感覚は

ありますか?

 

 

もちろん、接客につながることもありますが、

これは、つながりにくい声かけです。

 

 

多くの場合は、

「何かいいもの、ありましたか?」と

声をかけると、

 

「あ、大丈夫です^^;」

返されてしまうはず。

 

 

どうしてか。

 

 

 

それは、

この声かけは

「何か買ってもらえそうなものは

 見つかりましたか?」

というニュアンスに伝わりやすいからです。

 

 

お客様の気持ちを

遠ざけてしまいやすいんですよね。

 

 

では、どうしたらいいか。

 

 

少し変えるだけで印象は

変わります。

 

 

たとえば、

「何か試されてみたいものは

 ありましたか?」

 

 

だと、

いいものがあったかどうかを

聞くのではなく、

試してみたいものがあったかどうか

聞いてみる。

 

 

それだけで、お客様は

「見るだけなんですが、

 あれを試してみていいですか?」と、

言いやすくなります。

 

 

言葉が少し変わるだけで

お客様が受け取る印象も変わります。

 

 

お客様が受け取りやすい言葉を

磨いていきたいですね♪

 

 

 

 

鈴木比砂江

 

 

 

 

 

お客様の心をつかみ、
売れるための具体的なポイントが届く!

メールレッスンはこちら